昭和61年

  • 設立総会開催( 3 月 24 日)で初代会長に杉浦明氏(ヤシマ産業㈱代表取締役)を選任。
  • 事務局を長野県林務部治山課に置く。
  • ザイトロン・フレノック除草剤試験( 2年継続)を上水内郡戸隠村、上高井郡高山村の県林業公社造林地で実施。
  • マツバノタマバエ空中散布試験を南安曇郡三郷村(現安曇野市)で実施。
  • 林業薬剤要覧を発刊。

 

昭和62年

  • S – 1013 剤の効果及び薬害試験並びに土壌及び土壌動物調査(農林水産航空協会受託試験)を長野県千曲川左岸で実施。
  • マダラコールがマツノマダラカミキリ誘引誘殺効果試験(県単受託試験 3年継続)を長野市川柳将軍塚周辺で実施。
  • 上田市で開催の「森林の市」に協力して林業用薬剤の展示、相談会を開催。
  • 獣類忌避剤等研究会を飯田市、塩尻市、長野市、上伊那、下伊那、木曽で開催。
  • ツチクラゲ病対策検討会を東筑摩郡四賀村(現松本市)で開催。

 

昭和63年

  • 二代目会長に大石一郎氏(ヤシマ産業㈱代表取締役)を総会で選任。
  • YS ・ 8605 剤のノネズミの防除効果試験(農林水産航空協会受託試験)を下伊那郡平谷村のヒノキ 3年生造林地で実施。
  • ホドロンのマツノマダラカミキリの誘引誘殺効果試験((社)林業薬剤協会受託試験 3年継続 )を長野市川柳将軍塚周辺で実施。
  • ヤシマレント、ヤシマアンレスの塗布及び散布試験(協会単独 2年継続)を佐久森林組合(旧佐久市森林組合)、飯伊森林組合、大桑村森林組合のスギの造林地で実施。

 

平成元年

  • 松くい虫駆除研究会を諏訪、上伊那、下伊那、長野で開催。
  • 林業薬剤研究会を上伊那、下伊那、木曽で開催。

 

平成2年

  • カモシカ、ノウサギの忌避剤処理試験( 2年継続)を佐久市、清内路村、平谷村、大桑村、南木曽町、堀金村(現安曇野市)で実施。
  • 緑化木病害虫防除薬剤一覧((社)林業薬剤協会発行 )を配布。

 

平成3年

  • マツノマダラカミキリの誘引誘殺効果試験地で雪害調査及び年越枯れ調査実施。
  • 森林用薬剤要覧を発刊。

 

平成4年

  • 三代目会長に芝塚茂氏(ヤシマ産業㈱代表取締役)を総会で選任。
  • カミキリホイホイ、ヤシマスギバンドの効果試験(県単)を下水内郡栄村秋山で実施。

 

平成5年

  • 樹幹注入剤グリンガードエイトの効果試験及び注入孔巻き込み状況調査(協会単独 2年連続)を飯田市三穂で実施。
  • 新規松くい虫被害発生市町村への防除用薬剤の普及指導。
  • 松くい虫防除の手引きNO.1 、NO.2 を発刊。

 

平成6年

  • 樹幹注入剤注入技術講習会を上田市別所温泉、下伊那松川町老人福祉センター、長野市川中島町古戦場跡で開催。
  • 松くい虫くん蒸薬剤の PR を北信地域、中信地域で実施。

 

平成7年

  • 四代目会長に乗松尚氏(ヤシマ産業㈱常務取締役)を総会で選任。
  • 事務局を長野県森林組合連合会に変更。
  • 「松くい虫の薬剤散布における薬害の忌避対策」の講演会を県果樹試験場長 柴 寿氏を講師に開催。
  • 協会十周年記念事業準備委員会発足(委員長、海野晴彦氏㈱アグロ信州代表取締役)。
  • 協会十周年記念事業開催  H8.3.12 ホテル信濃路。特別講演「高冷地における松の枯損機構」講師 玉川大学教授 真宮靖治氏祝賀パーティー開催。

 

平成8年

  • スミパインMCによる松くい虫防除試験(農林水産航空協会受託試験)を埴科郡戸倉町(現干曲市)若宮において、
    松くい虫被害が認められるアカマツ天然林樹齢28~83年生で実施。
  • スミパインMCによる松くい虫防除試験(農林水産航空協会受託試験)成績報告会開催(於:長野市・県森連)

 

平成9年

  • スミパイン MC による松くい虫防除試験(農林水産航空協会受託試験)試験成績検討会(於:東京都 全共連ビル)にて、発表。
    発表者:
    県林務部治山課 金子政博氏
    県林業総合センター 小島耕一郎氏
  • ニホンジカ食害被害現地視察に基づいた薬剤検討会を開催。

 

平成10年

  • 「林業病虫獣害薬剤要覧」改訂委員会を設立。

平成11年

  • 「林業病虫獣害薬剤要覧 」 改訂委員会を開催し、林業総合センターで他関係機関へ協力を依頼。
  • 松くい虫の被害状況の視察と、防除事業の現況について研修会を開催。

平成12年

  • 五代目会長に須藤辿氏(ヤシマ産業㈱常務取締役)を総会で選任。
  • 「林業病虫獣害薬剤要覧」発刊。
  • 松くい虫防除研修会を上田市「上小森林センター」で開催。
実演 ・松くい虫被害木の見分け方について
 森林総合研究所 生物科長 吉田成章氏
講演  ・「薬剤の適正な使用法と安全対策について」
 緑の安全推進協会 緑の安全士 福井宏氏
実演 ・松くい虫被害木の見分け方について
・スパウダーによる地上散布について
・樹幹注入剤の注入方法について

平成13年

  • 下伊那地方松くい虫対策協議会主催の「松くい虫防除対策研修会」に参加。
  • 松くい虫防除研修会を下伊那郡松川町「清流苑」で開催。
実演 ・樹幹注入剤の効率的、効果的な注入方法と注意点
・松くい虫枯損木の適正な処理方法(慎蒸処理)と注意点
森林総合研究所 森林昆虫研究領域長 吉田成章氏
長野県森林総合センター  岡田充弘氏

平成14年

  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を駒ケ根市、飯島町等へ派遣。
  • 「農林水産航空事業(松くい虫関係)連絡調整会議」に出席。(於:県庁会議室)

平成15年

  • 「松くい虫防除空中散布事業説明会」に説明者を駒ケ根市吉瀬地区へ派遣
  • 「松くい虫空中散布(MC剤)散布留意事項説明会」に説明者を長野合同庁舎へ派遣。
  • 「松くい 虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を豊丘村、駒ケ根市、飯島町、中川村等へ派遣。
  • 「松くい 虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を須坂市(対象地区:長野管内市町村)へ派遺。

平成16年

  • 六代目会長に羽田整美氏(ヤシマ産業㈱代表取締役)を総会で選任。
  • 「松くい虫空中散布(MC剤)散布留意事項説明会」に説明者を長野合同庁舎へ派遣。
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を須坂市、豊丘村、駒ケ根市、飯島町、中川村等へ派遣。

平成17年

  • 七代目会長に池田國夫氏(ヤシマ産業㈱代表取締役)を総会で選任。
  • 「松くい虫防除地上散布事業説明会」に説明者を駒ケ根市東伊那地区へ派遣。
  • 病虫獣害から森林を守るための薬剤防除研修会を駒ケ根市東伊那「駒ケ根シルクミュージァム 」 で開催。
研修実演 ・松くい虫枯損木等の適正な処理方法(煉蒸処理等)の実演と注意点
・樹幹注入剤の効率的・効果的な注入方法の実演と注意点と体験
・松くい虫地上散布 《 無人へリの実演と注意点 》
・獣類忌避剤の効率的.効果的な使用方法と注意点
研修講演 ・「病虫獣害から森林を守るために」
長野県林業総合センター 育林部研究員 岡田充弘氏

平成18年

  • 協会二十周年記念事業
    「病虫獣害から森林を守るための薬剤防除研修会」を松本市アルプス公園にて開催。
    同時主催:長野県林業職員協会 ・ 長野県森林組合連合会
実演 ・松くい虫地上防除《スパウダー散布の実演と各種地上防除の注意点》
・松くい虫樹幹注入剤の効率的・効果的な注入方法の実演と注意点
・松くい虫枯損木等の適正な処理方法(薫蒸処理等)の実演と注意点
・獣類忌避剤の効率的・効果的な使用方法と注意点
・獣類食害および皮剥被害防止資材の効率的・効果的な使用方法と注意点
指導 ・長野県林業職員協会の森林整備地域支援活動への指導
・松くい虫樹幹注入剤の施工指導
・林地用除草剤を使ったクズ根株の駆除処理施工指導
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を飯田市、駒ヶ根市等へ派遣。
  • 「松くい虫防除対策事業(有人へり薬剤散布事業説明会)に説明者を伊那市東春近へ派遣。

平成19年

  • 八代目会長に久田芳夫氏(ヤシマ産業㈱常務取締役)を総会で選任。
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を南木曽町、駒ヶ根市等へ派遣。
  • 「カシノナガキクイムシ防除対策研修会」に講師を栄村へ派遣。

 

平成20年

  • 野沢温泉村での「カシノナガキクイムシ防除対策研修会」に事務局出席。
  • 小諸市にて開催された「第4回 松林防除実践講座」を後援。事務局出席。
  • 「森林病虫獣害防除研修会」を塩尻市林業総合センターにて開催。
    同時主催:長野県森林保全対策協議会/長野県森林組合連合会
研修内容 ◎長野県林務部
講師 森林づくり推進課 保安林担当 田畑 衛
演題 『松くい虫被害対策のための留意事項について』
特別講演 講師 本山直樹 (千葉大学名誉教授/東京農業大学客員教授)
演題 『松林に散布された薬剤の生態影響と周辺住民への健康影響』
  ◎林業薬剤パンフレットの提供
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を松本市、駒ヶ根市等へ派遣。
  • 松くい虫被害対策「適期・徹底駆除のための講習会」に講師を松本市へ派遣。

平成21年

  • 九代目会長に津田弘太郎 氏(ヤシマ産業㈱取締役営業本部長)を総会で選任。
  • 林業薬剤便覧を作製、県下地方事務所および県下森林組合等林業関係団体に配布。
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を松本市・駒ヶ根市へ派遣。

平成22年

  • 十代目会長に田中 易 氏(ヤシマ産業㈱取締役技術生産本部長)を総会で選任。
  • 「森林病虫獣害防除研修会」を安曇野市ファインビュー室山にて開催。
  • 同時主催:長野県森林保全対策協議会 ・ 長野県森林組合連合会
研修内容 ◎長野県林業総合センター
講師 育林部 主任研究員 岡田 充弘
演題 『病虫獣害から森林を守るために』
  ◎現場研修
・ 松くい虫被害木伐倒くん蒸処理
・ 松くい虫被害予防樹幹注入処理
・ 松くい虫被害予防地上散布処理
・ 獣類食害防止忌避剤処理
・ 獣類における樹皮はぎ防止資材処理 他
  ◎林業薬剤・獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を安曇野市へ派遣。

平成23年

  • 会長に田中 易 氏(住化グリーン㈱生産本部長)を総会で再任。
  • 「森林病害虫獣防除研修会」を松本市総合体育館及び松本市アルプス公園にて開催。
    同時主催:長野県森林保全対策協議会/長野県森林組合連合会
研修内容 ◎講演
講師 二井一禎(京都大学大学院 教授)
演題 『松枯れを再検討しナラ枯れを覗く』
  ◎現場研修
・ 松くい虫被害予防樹幹注入処理
・ ナラ枯れ被害予防樹幹注入処理
・ 獣類食害防止忌避剤処理
・ 松くい虫被害木伐倒くん蒸処理
  ◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「松くい虫防除対策樹注入講習会」に講師を安曇野市、松本市へ派遣。
  • 「松くい虫予防のための薬剤講習会」に講師を池田町へ派遣。

平成24年

  • 「第3回松本四賀地区松くい虫対策協議会」に説明者を松本市へ派遣。
  • 「森林病害虫獣害防除研修会」を安曇野市明科公民館及び安曇野市明科押野山にて開催。
    同時主催:長野県森林保全対策協議会/長野県林業職員協会/長野県森林組合連合会/安曇野市/ 松本市
研修内容 ◎講演
講師 本山直樹(東京農業大学客員教授)
演題 『松林に散布された薬剤の飛散実態と健康影響の可能性』
  ◎無人ヘリについて
講師 斉藤次男(ヤンマーヘリ&アグリ㈱ )
  ◎現地研修
・無人ヘリによる薬剤空中散布デモンストレーション
  ◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「松くい虫被害対策樹注入講習会」に講師を生坂村へ派遣。

平成25年

  • 会長に田中 易氏(住化グリーン㈱生産本部長)を総会で再任。
  • 「第10回千曲市林業振興協議会」に説明者を千曲市へ派遣。
  • 「庭木を松くい虫被害から守る講習会」に講師を大町市へ派遣。
  • 「森林病害虫獣害防除研修会」を駒ケ根市キャンプセンターにて開催。
    同時主催 長野県造林協会
    長野県森林組合連合会
研修内容 ◎駒ケ根市
講師  産業部 農林課 耕地林務係 主任  矢原 辰則
演題『駒ケ根市における有人ヘリ・無人ヘリによる松くい虫被害防止対策』
  ◎長野県林業総合センター
講師  育林部 主任研究員  岡田 充弘
演題『被害木の伐倒処理の必要性と実施上の注意』
  ◎研修講演
講師  本山直樹(千葉大学名誉教授)
演題『薬剤空中散布による松くい虫被害拡大防止効果とその阻害要因』
  ◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を安曇野市、松本市へ派遣。

平成26年度

  • 伊那市「松くい虫懇談会」へ事務局出席。
  • 「第10回松枯れ防除実践講座」を後援、あわせて事務局出席。
  • 「森林病虫獣害防除研修会」を安曇野明科公民館にて開催。
    同時主催:長野県造林協会・長野県森林組合連合会・安曇野市
研修内容 ◎長野県
講師 林務部森林づくり推進課保安林係 
担当係長  松尾 一穂
演題 『長野県の松くい虫被害とその防除方針』
  ◎研修講演
講師 二井 一禎(京都大学名誉教授)
演題 『マツ枯れの主因と環境因子:
これを見誤ると防除が旨く行かない』
  ◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「庭木を松くい虫被害から守る講習会」に講師を松川村へ派遣。
  • 「平成26年度松くい虫被害予防講習会」を後援。あわせて講師を安曇野市へ派遣。
  • 『松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」』に講師を松本市へ派遣。
  • 「赤松への樹幹注入講習会」に講師を立科町へ派遣。

平成27年度

  • 長野県林業団体協議会と中部森林管理局との懇談会へ事務局出席。
  • 「第11回松枯れ防除実践講座」を後援、あわせて事務局出席。
  • 「森林病虫獣害防除研修会」を安曇野もくりゅう館にて開催。
    同時主催:長野県造林協会・長野県森林組合連合会・安曇野市
研修内容 ◎長野県
講師 林務部森林づくり推進課保安林係 
担当係長  松尾 一穂
演題 『松くい虫被害の状況と被害対策について』
  ◎研修講演
講師 二井 一禎(京都大学名誉教授)
演題 『日本最後のアカマツ美林を守りきるために』
  ◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供
  • 「庭木を松くい虫被害から守る講習会」に講師を塩尻市へ派遣。
  • 「平成27年度松くい虫被害予防講習会」を後援。あわせて講師を山形村へ派遣。
  • 『松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」』に講師を松本市へ派遣。
  • 会長の田中 易氏退職のため石川 亮氏(住化グリーン㈱生産本部長)に引き継ぐ。

平成28年度

  • 協会設立30周年を迎える。
  • 長野県林業団体協議会と中部森林管理局との懇談会へ事務局出席。
  • 「森林病虫獣害防除研修会」を信州上小森林組合 本所にて開催。
研修内容 ◎研修講演
講師 中村 克典(森林総合研究所 東北支所長)
演題 『松くい虫被害の拡大に戦略的に対応する』
 

◎林業薬剤、獣害対策資材メーカーによる実技講習会(塩田運動公園)

  • 「平成28年度松くい虫被害予防講習会」を後援。あわせて講師を山形村へ派遣。
  • 『松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」』に講師を松本市へ派遣。
  • 松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」 に講師を大町市へ派遣。

平成29年度

  • 長野県林業団体協議会と中部森林管理局との懇談会へ事務局出席。
  • 松本市森林病虫害防除に伴う意見交換会へ事務局出席。
  • 「平成29年度森林病虫獣害防除研修会」を長野県林業総合センターにて開催。
研修内容

◎講演
  講師 畠中 陽一(長野県林務部森林づくり推進課保安林係)
  発表 『長野県の松くい虫被害の現状と対策』

◎研修講演
  講師 戸田 堅一郎(長野県林業総合センター 主任研究員)
     柳澤 賢一(長野県林業総合センター 研究員)
  発表 『リモートセンシング技術を用いた
                                        被害木の座標的把握とその活用』

◎樹幹注入実技講習会(各薬剤メーカー)

◎情報提供:合川 直樹(松本市農林部耕地林務課 技師)
   『松本市におけるリモートセンシング技術の活用事例』

◎ドローンを利用した被害木調査について
                               (長野県林業総合センター育林部)

◎林業薬剤、獣害対策資材パンフレットの提供

   
  • 『松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」』に講師を松本市へ派遣。
  • 『松くい虫被害予防「樹幹注入講習会」』に講師を小諸市へ派遣。

平成30年

  • 十二代目会長に牧 司氏(サンケイ化学株式会社)を総会で選任。
  • 長野県林業団体協議会と中部森林管理局との懇談会へ事務局出席。(4/27)
  • 「平成30年度森林病虫獣害防除研修会」を安曇野もくりゅう館にて開催。(11/22)
研修内容

◎講演
  講師 東度 考太氏
       (長野県林務部森林づくり推進課
          鳥獣対策・ジビエ振興室 鳥獣被害対策係)
  発表 『野生動物が森林管理に及ぼす影響』

  講師 畠中 陽一氏
       (長野県林務部森林づくり推進課保安林係)
  発表 『長野県の松くい虫被害の現状と対策』

 

◎樹幹注入剤の施工方法について(DVD視聴)

◎伐倒燻蒸の処理方法(実演)

◎獣害防除資材・忌避剤の使用方法(実演)

   
  • 諏訪市山林原野経営協議会「松くい虫対策研修会」に講師を諏訪市へ派遣。(8/4)
  • 「松くい虫被害からアカマツを守ろう研修会」に講師を佐久市臼田区へ派遣。(11/11)
  • 松本市「松くい虫防除対策樹幹注入講習会」に講師を松本市へ派遣。(11/13)

平成31年 令和元年

  • 長野県林業団体協議会と中部森林管理局との懇談会へ事務局出席。(4/25)
  • 令和元年度特別防除連絡調整会議へ出席。(6/5)
  • 県主催クビアカツヤカミキリ講習会へ出席。(9/12)
  • 松本市主催「樹幹注入講習会」へ出席。(11/12)
  • 諏訪地域振興局主催「森林病虫害防除研修会」へ出席。(12/10)