設立の趣旨

森林組合及び市町村の職員が会員となり、民有林の発展を図るため、会員相互の親睦ならびに林業に関する知識・技能の研鑽に努め、自らの社会的・経済的地位の向上を期することを目的としています。

活動内容

例年、役員及び支部長代議員を対象とした「基本問題研究会」ならびに会員を対象とした「県大会」や各種研修会を開催し、実務における課題解決のための情報交換の場を設けて、スキルアップを図っています。