長野県森林組合連合会は、県内18の森林組合が出資して設立した連合会です。都道府県単位の森林組合連合会は、東京都と大阪府を除く全国45道府県に設置されており、道府県の森林組合連合会と東京都森林組合及び大阪府森林組合が会員となって全国森林組合連合会を設立しています。

長野市の本所のほか、東信木材センター・南信木材センター・伊那木材センター・中信木材センター・北信木材センターで丸太の販売事業を展開しています。東信木材センター・南信木材センターは信州からまつ小径木の加工場を併設しています。

機構図

事業概要

  • 販売事業
    森林組合や林業経営体が伐出した木材を集約し、製材所や合板工場に納入しています。また、丸太の市売を実施して、木材の価値を最大限に生かして、山元への還元を図っています。
  • 購買事業
    森林組合などへ林業資材・機械・生活資材などの斡旋提供を行っています。
  • 指導事業
    森林組合への経営指導や各種研修会の開催、広報誌の発行を行っています。
  • 利用事業
    森林に係る測量や調査、森林保険の加入推進、損害填補業務を行っています。

組織概要

名称長野県森林組合連合会
所在地〒380-8567
長野県長野市大字中御所字岡田30番地16
設立年月日昭和17年12月30日
資本金114,484,000円
役職員数 役員12名・職員42名