毎日コツコツ カラマツ杭を作っています
小径木を 積極的に集荷中

長野県森林組合連合会は、市場だけではなく、加工業務も行っています。
南信木材センターは、カラマツに特化した木材センターです。
小径木の付加価値を高めるために、土木用杭の加工販売を行っています。

 原木は、主に長野県産を使用しています
原木は、主に長野県産材を使用しています

 様々な加工機で、杭を作っています

 自動選別機

山から集められた原木を、自動選別機で、規格ごとに(長さ・直材・曲り材など)仕分けをします。
小径木については、注文の規格に対応できるように、1目選木(1㎝ごと)をしています。

 横切り機

丸太を、注文の規格に合わせてカットします。
1本の丸太を、無駄なく利用出来るように心掛けて、カットしています。

 リングバーカー

リングバーカーは、回転刃により丸太の皮を剥きます。
注文に合わせて、丸太をリングバーカーに通し、表面の樹皮を取り除きます。サイズはφ50~330まで、長さ2m~5mが剥くことが可能です。

 チェーンソーによる造材作業

中大径木は、チェーンソーによる造材作業を行っています。
チェーンソーによる玉切り・枝払いは、安全管理を心掛けながら、品質向上への取り組みを行っています。

 3面パイラー

3面パイラーでは、丸太の木口を尖らせる作業(先付け)を行います。
機械で、3枚の刃が一面ずつカットしていきます。1.5m以上の丸太を先付けしています。

 帯鋸(オビノコ)

1.5m以下の短材は、3面パイラーでは対応できないため、帯鋸(オビノコ)で先付けを行います。
手間はかかりますが、枝払い等の細やかな気配りが出来て、品質向上につながっています。

 加工過程で出る木皮は、菌床用・ブルーベリー農園等で利用されています
 出来上がった杭
 用途に合わせて加工した製品は、お客様のもとへ出荷します

・山陰地方へ出荷

・愛知県へ出荷

■南信木材センターでは、
長野県内で伐採された原木(小径木)の買取を積極的に行っています。
出材についてのご相談は、南信木材センターへお気軽にお問合せください。

〒399-0428
長野県上伊那郡辰野町伊那富5892-1(新町工業団地内)
TEL:0266-41-1131 FAX:0266-41-1124